40代女性の身体維持のコツ

40代に入ると痩せにくいと悩んでいませんか?
普通にしていても太りやすく感じる事が多々あると思います。

でも、食べる量は以前に比べると多くないはず…
それなのに太ってしまうのは何故なのか?

そこで、体型が変わってしまう習慣についてまとめてみました。
少しでも、生活習慣を見直してみましょう。

スポンサーリンク

40代で起こる身体の変化と痩せるコツ

スポンサーリンク

疑問40代になると身体はどんな風に変わるのでしょう?

  • 体型が丸くなる
  • ホルモンが減少する
  • 月経の周期が短くなる
  • 体の不調を感じやすい
  • 加齢臭が気になる
  • 肌や髪質が変わる

など、40代の女性の身体は変化していきます。

コレは多くの方が感じられることであり、自分だけではありません。
でも、早くに実感する人とそうでない人がいます。

疑問
その違いはなんでしょう?

まずは、食生活生活習慣から見てみましょう。


糖質や脂質の割合が多い

40代になると基礎代謝が落ちると痩せづらくなり、太りやすくなります。

それを解決するにはあるの?と疑問を持ちますね。
でも安心してくださいね。解決する方法はあります。
それは、食事に気を付ける事です。

糖質脂質の多い食生活を送れば、ぜい肉が増えて筋肉が低下します。

筋肉量が減ると、脂肪を燃焼する力も弱まります。

そこで、糖質や脂質のほかにたんぱく質を含んだ食べ物多めに摂取するなど、食事のバランスを変えてみましょう。
タンパク質は筋力の維持に最も不可欠な栄養素です。意識的に取りましょう。

年齢を重ねるごとに、脂っこいものが食べられなくなってくるものです。自然と控えられるので良いことです。
そういった方は、甘い物を摂り過ぎに気をつけると良いでしょう。

胃腸年齢の若い人は、結構いつまでも美味しく若い時のまま食べることができるのですが、やはり身体は少しづつ老化していきますので、自分でセーブすることを意識していきましょう。



『疲れた~』とすぐに座る人

さて、こんな言葉を言っていませんか?
『疲れた~』と言ってすぐに座ってしまう。

確かに40代になると、急に体力が衰えを感じるとよく耳にしますね。

だけど、『疲れた~』という気持ちに負けて楽な事を覚えると、一気に体型が変わってしまいます。

そこで、意識的に体を鍛える事しないと、筋力の衰えが徐々に進み、基礎代謝が落ちればおのずと筋力も低下します。
そうなると、太りやすい体質になるんですね。

40代、50代の女性は定期的に運動をしないと、骨が弱くなり骨粗しょう症の恐れが出てきます。

大切なことは、食生活を見直して、生き生きととした心と身体を維持をする。
そして運動不足も解消しましょう。

ただし、無理な運動は逆に腰やヒザを傷めたり、体を壊す原因にもなりますので、自分に合ったトレーニングや運動習慣を身に付ける事が重要です。

きちんとした姿勢を維持すること、どこでも座らずに立つ習慣をつけることでもカロリーは消費されますし、筋力アップにも繋がります。
まずは、『疲れた』という口癖を言わない意識をすることです。



早食いせずに、よく噛んで食べる

食生活で最も気になる事。
それは、よく噛んで食事をしていますか?

早食いは太る原因と言われていますよね。

それにはちゃんと理由があり、よく噛む事でエネルギー消費が高まり血糖値の上昇も抑えられますが、早食いだと逆に血糖値が一気に高まり、インスリンもその分余計に多く分泌されます。
そうなれば、必然的にも太る原因なりますね。

大切なことは、まずよく噛む習慣を身に付けることです。

最初は慣れないので中々難しいと思いますが、右に10回から15回、左から10回から15回と左右の回数を分けて噛む練習をしてみませんか。

他にも、ガムや硬い煎餅など楽しみながら噛む練習も良いですね。



間食を減らす事

仕事でのストレスや家事や育児によって、ストレスを発散したいですよね。
そうなると間食をしてしまいがちです。

特に甘いお菓子などついつい食べ過ぎてしまう事はありませんか?

女性は特に甘いお菓子やケーキなど大好きですね。
でも、食べ過ぎや摂りすぎはいけません。

疲れた体やストレス解消には甘い物を摂る事は良い事ですが、摂りすぎると脂肪がついて太りやすい体質になります。

間食をやめるのではありません。減らすことが大事です。
適度な運動や適量な間食をとる事で気分転換やストレス解消に良いですね。

運動の他にリンパマッサージや歪みを正す整体なども効果的ですが、身体を休ませる事も大切です。

ストレスを感じにくくする方法として、腹式呼吸を一日数分ゆったりとするだけで解消される身体つくりができるのでオススメです。

50代女性の痩せるコツと健康管理

スポンサーリンク

さらに50代に近づくとますます、痩せにくい体質になります。

痩せようとダイエットをする気持ちがあっても以前のようなダイエットでは効き目がなく、そして、健康についても不安が常にあり、思うようにいきません。

若い頃は無理をしても痩せれたのにと思っていることが、50代に入るとその行為は健康を害にする恐れが高まりやすいと知っていましたか?

そこで、太りやすく痩せ難い理由5つ目と身体維持のコツ。


過度な食事制限と運動

過度なダイエットや食事制限すれば痩せますが、それによってストレスが溜まり、リバウンドして元の体重よりも多くなったり体を壊すしたら、それこそ意味がありません。

ただ50代になると、腰や膝が痛いなど負荷がかかる運動は避けて、自分に合った運動方法を選ぶ必要があります。

何故なら、無理をして痩せてもあまり良くはないですね。
そして、ダイエットしても中々痩せないのは今の体型が健康な状態かもしれません。
そこで、痩せすぎない為には、自分の肥満度を知る事も大切です。

しかし、過度の食事制限はかなり危険な行為です。
それこそ栄養バランスをとれた食事も大切、だけどそれ以外に気を付けてほしいポイントがあるんです。

  • 血糖値を上げない
  • 腹八分目よりも少なめ
  • 3食をしっかりと取る

特に朝食べない方が増えていますね。

でも、それは血糖値を上げてしまい、余計に食べすぎてしまう事になります。
逆に反対に夜遅くに食べると太る原因の元。

痩せるには夕食を早めにとる事で痩せやすくなりますよ。

40歳を過ぎたころから、自分の身体のことを見た目や体重という視点だけでなく、健康診断の数値なども確認しながら見つめなおすことが必要となります。

昔と同じ体重やスタイルが、今の年齢に適正とは限りません。
40代、50代としての美しさと元気の溢れる身体を作って維持していきましょう。

今の自分の年齢にあった美しさを知る

40歳すぎても女性らしさを忘れない為には、日頃の生活習慣を見直す事も必要なものなんですよね。
でないと、どんどん女性らしさを失うかもしれません。

日頃から意識する事で、女性としての喜びや楽しみを意識する事が最も重要なポイントになります。

健康維持やスタイルの維持をするには、無理をしない事です。

若い時と違い、なかなか痩せにくいからって過度の食事や運動は身体を壊す原因にもなるし、余計な出費も…となります。

そして歳だからと諦めると老けやすく見られるので、諦めないように常に女性をとして意識をして、自分を輝かせる事を忘れないようしましょうね。

そう思うだけで成功の第一歩!

この記事に共感して頂けたら
いいね ! をお願いします。

Twitter で